子供 牛乳嫌い

子供の牛乳嫌いでカルシウムが取れないと悩んでいるママへ

 

小さい子供がいると食事には特に気を使うもので、しかも子供に好き嫌いがあるお母さん達は、子供の偏食(特に幼児偏食)に頭を抱えているのではないでしょうか?

 

毎回のごはんの献立を考えるだけでも一苦労なのに、子供が食べない物があると、それにより栄養不足を招くのでは、なんていう心配までしてしまいますよね。

 

しかも今スーパーなどに並んでいる野菜達は、昔(1960年代)と比べて、どんどん含まれている栄養が少なくなっているというのです。多いものだとゴボウのビタミンB1は約83%も減少しているそうなんです。
確かに昔おばあちゃんが畑で作っていた野菜達と今スーパーなどで手に入る野菜では味が違うような気がします。今の野菜はなんだか味が薄いように感じていたのは、勘違いではなかったようです。

 

国が推奨する1日の野菜の摂取量は350gですが、もしこれをクリアできたとしても、昔の野菜と今の野菜とでは摂取できる栄養の量が大きく変わって来るんだなぁと思うと、なんだかがっかりです。

 

そんな時に知ったのが、「ひとてまい」というサプリメントです。ご飯を炊くときに、ひとてまいの粉末をスプーン1杯入れるだけ。

 

それだけで、ほうれん草約130株分のビタミンE、レタス約1個分の食物繊維、めざし約78匹分のビタミンB6、グリーンピース1024g分のビタミンB1が接種できるんです。

 

しかもカルシウムも豊富なので、子供の牛乳嫌いでお悩みのご家庭でも、おいしいごはんをいつもと同じようにいただくだけで、カルシウム不足を解決できるんです。
牛乳アレルギーのお子さんも無理せずカルシウムを接種できるのはうれしいですよね。

 

「ひとてまい」のすごい所は、お米と一緒に炊き込んでも、ご飯の味を変えないところです。冷めても変わらず美味しいので、お弁当にも最適です。
もちろんご飯以外にも使え、たまご焼きなどのいつものメニューにスプーン1杯。

 

サプリメントだと飲み忘れてしまう事もありますし、キッチンの炊飯器の側に置いておけば自然と習慣付けられると思います。

 

 

詳細はここから